読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

同居継続するか、別に暮らしていくか、瀬戸際で考えること

家族のこと

こんにちは!さくらもちです(*^^*)


同居するか別に暮らしていくか

義両親と同居を続けるか、別に暮らしていくか
今、決めかねています。

色々な方に相談してみました、、、


【友人】
『そんなん家出たいなら、さっさと出ればいいんじゃない?』と相談した友人からは言われました。既婚、子供はまだいない、アパート生活している友人です。

【母】
『今は我慢して、将来の為にお金を貯めたらいいんじゃない』実母から言われました。

【兄】
『子育て方針が違うからそれがストレスになる。同じ箸は虫歯菌が移るからやめてと言っても、何度もされるんだよね~』私の兄からです。
兄はお嫁さん家族と同居しており、家族は教育関係のお仕事をされています。
そんな家族でもやっぱり、お願いしてもスルーされちゃうだ!とびっくりしました。

【市役所の相談窓口】
『子供が小さなうちは、別居するのもありじゃない?完全2世帯かアパートでも。お母さんが笑顔で生活できないと子供も楽しく生活できないよ』
市役所のおばさまは同じような経験をされたことがあり、泣きながら話してくれました。




今の私に出合う言葉達

ここ半年、両親と同居をして『もう無理!限界!』ということが何度も起きました。
その度に私は気持ちを切り替えようと、本を読んだりネットで調べました。

そんな中出会った言葉は

『本当に嫌なら逃げるという道を選んでもいいんだよ』

『敏感な感性は悪いことじゃない。そんな自分が輝く場所はある』


『断捨離をしていくと人間関係もすっきりしたいと思うようになる。一緒にいて疲れるな、と思う人とは自然と離れるようになる』


こんな言葉達が背中を押してくれています。
私はネガティブですが、ネガティブな言葉を喋るとそれがブーメランのように自分に帰ってくるようです。
ネガティブな感情を受け入れることは必要ですが、ネガティブに染まらないことも大事だと思います。



大切な人からのアドバイスをまとめると、、、

☆年をとると頑固になり、融通がきかない

☆子育ては年齢ごとに気を付けるタイミングがあり、そのタイミングに合わせるのが苦手

☆疲れる人と無理に一緒にいると、ネガティブなパワーに包まれてしまう


このブログでまとめたことを
今度、夫と向き合って話し合ってみようと思います。