読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

1年前に発症した【癰(よう)・せつ】という病について、まとめてみました〜その①〜

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

私は1年前に【癰・せつ】という病気を発症しました。

そしてちょうど1年が経ちます。

1年という記念にこの病気になってからの事を

まとめてみようと思います。

 

同じような症状で悩まれている方に、少しでも参考になれば幸いです。

自分で調べたのですが、なかなか同じような方を見つけられなくて。

残念ながら完治はしていないで、「こんな流れを辿っています!」

という経過発表みたいなものですが(^_^;)

 

 

【癰・せつ】について書いてある記事があります

 

mizuiro7.hatenablog.jp

 

 

mizuiro7.hatenablog.jp

 

mizuiro7.hatenablog.jp

 

 

 

 

私が【癰(よう)・せつ】と診断を受けるまでの流れ

☆皮膚科医①

始めて膿が出たのはお腹。おへその横くらい?

1ミリ〜2ミリ程の傷が出来て、ポチョンと黒ずみができていました。

「娘に引っ掻かれたかな?」と思って様子見。

でもどんどん膨らんできて、夜は眠れない程の痛みが襲いました。

傷を発見してから、1週間後に皮膚科に行きました。

 

「粉瘤(アテローム)だと思うから、切っちゃいましょう!」

と言われ、患部に麻酔!!(これがぎょえ〜〜〜っと言うほど痛い!!)

患部はすでに触れただけで痛い!!!

のに!!!!!そこに麻酔って先生!!!

涙は出るし、とにかくかなり痛かったです(´;ω;`)

 

麻酔がきいたところで、切開・・・。

でも麻酔効いてないΣ(・∀・;)

触れただけで痛いのに、全然麻酔なんてきいていないよー!!!

ちょっと穴を開けてもらったくらいですが、

すんごくすんごくすんごく痛かったです。

出産の痛みともまた違う。チクチクジンジンとした痛みでした。

 

そしてドロっとした膿&血膿が大量に排泄。

こんなに入っていたの!?というくらい大量でした。

そりゃ、痛いわ!!

先生に「お風呂は今日はシャワー浴で、明日残りの膿を出すから!」

と言われました。

「明日も私来んの!?マジで!!この痛いの明日もすんの!?マジで!?」

処置が終わった待合室でも、痛みがじんじんしました(^_^;)

 

そしてこの病院では抗生剤の処方はなく、

切開と排膿の処置だけで3日くらい通院しました。

膿を出しきると、急速に傷は治っていきました。

どんどん塞がっていくんです。

なんかよくわかんないけど、とにかく良かった!

と思った1週間後に、今度は顔と首に同じような膿が出るようになりました。

また痛かったので、皮膚科に行ったらなんと【休診日】

なんだか長期でお休みのようだったので、他の皮膚科に行きました。

 

 

☆皮膚科医②

と、こういう症状です!と説明すると

「抗生剤と飲み薬出しておくわよ!また痛くなったら、来てね」

と言われました。

もらった抗生剤を飲みきってしまえば1〜2ヶ月は症状もおさまるのですが、

また再び同じ症状が出たので病院に行きました。

「また膿出たの!?あなた大病なんじゃないの?

こんな若い人がこんなに膿出るなんて、普通じゃないから。

糖尿病の検査しましょう」

なんか、色々と不安になることを言われΣ(・∀・;)もうドキドキ・・・。

でも、尿検査をしても糖は見られず・・・。

「ここでは簡単な検査しか出来ないから。内科医で詳しく検査してもらいなさい」

と言われました。

 

 

長くなるので、続きますね(^_^;)

ご訪問頂き、ありがとうございます☆