読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

【同居嫁】食事面のストレスが減ってきたことを実感しています

私のこと うちのこと

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

f:id:mizuiro7:20161128140800j:plain

 

同居をしてストレスを感じていたのは「食」でした

食べ物の好みって、様々ですよね。

私は最近「食」ってつくづく大事だな、と感じています。

同居したお義父さんは糖尿病、

お義母さんは高血圧+メタボリック。

それは一緒に暮らしてみて、「食」が病気の原因だと思いました。

 

鍋料理✕焼き魚という組み合わせ

私は鍋料理なら、肉(魚)・野菜も食べられるので

鍋を食べてから、〆は雑炊という感じです。

でも義両親の食卓では、鍋料理・焼き魚・副食2品・お漬物

とフルコースだったんです。

これが毎日のように。

 

「私は鍋でお腹いっぱいなので、焼き魚は明日食べます」

と言うと

お義母さんから「さくらもちちゃんは少食ね」と言われました。

私は結構、食べる方ですが義両親はそれ以上に食べていました。

そりゃ、病気になるよね・・・。

  

そして味が濃い!!

野菜炒めを食べた時、舌がピリピリしてびっくり。

塩・コショウを入れすぎたんですね。

私は申し訳ないけど食べられませんでした。

 

食に対して、変わってきたこと

今は食事は完全に別になりました。

以前は、共同の台所で調理をしていました。

お義母さんは買い物が好きで

買い物は週1回ですが、スーパーを4・5件ハシゴします。

買ってきてもらえることは有り難いんですが、

見切り品が多い。

野菜は新鮮ではない状態。りんごは食感がモソモソ・・・。

そういうものが大量に冷蔵庫にひしめき合っていました。

そして冷凍庫もパンパンで入らない。

 

昼・夜は私が食事作りをしていたのですが、

毎回、楽しくなかったです。

食事も満足感がなく、虚しい状態。

 

でもそれじゃダメだ!と気づいて

9月から自分たちの水周りのスペースに

小さいながらも冷蔵庫・レンジ・ガスコンロを用意

コープ宅配を始めました。

それからは食べたいものが食べられることの幸せ

新鮮な野菜や肉・魚の美味しさに【感謝】が沸き起こりました。

段々食べたいものへの欲求が深まっています。

 

 

私は同居しているから、我慢しなくちゃと思っていました

我慢をし続けたら、完治が難しい病気になりました。

知らない間に自分を犠牲にしていたんだと思います。

もっと自分の心の声を大切にしていきたいと思います。

それが、大切な人を傷つけることになっても

まずは自分が笑って過ごせるようになろうと思います。

それは誰でもない、私の人生だから

 

ご訪問頂き、ありがとうございました☆