読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

私の息抜きの為に、子どもと離れることについて

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

育児の息抜きの大切さ

育児って、本当に片時も目を離せませんよね。

一緒に買い物に行けるような、おとなしい子もいますが

実母より「買い物に行ったら、さくらもちの娘くらいの子おとなしくついていたよ」

とか聞かされてると軽くショックです

「そうなんだあ(でもうまく流せない私!)」みたいな感じ!苦笑

 

さあ、コープに行こう!

私の息抜きに、コープに行きました。

託児の日だったので、託児の部屋に行った途端からギャン泣き・・・

あまりにも泣くので今回は見送りました。

多分、置いて行かれるのがわかっているんですよね。

事前に「今日はコープに行くよ、お母さん買い物している間

遊ぶ所あるから先生たちと遊んでいてね」と言うと

 

「はーい!」(めっちゃ余裕顔!!)

それを何回か言ってきたんだけど、効果なしでした(^_^;)

仕方ないよね、と思いつつ

お母さん息抜き、したかったな!笑

 

 

今、HSCの本を読んでいます。

私自身HSPの傾向があるのですが、娘はどうなんだろう?

と思って読んでいます。

どうやら娘は夫に似て天真爛漫なようで、今のところあまり該当していません。

でも、成長にしたがってそういう面も見えてくるのかな?

という心づもりもしておいたほうが良いのかな、と感じました。

 

 

やっぱり!!HSPの人が子育てをする為に必要なこと

お母さんがHSPの場合、子どもと離れ一人になる時間が必要と書いてあり

とても安心しました。

「私には一人の時間が必要なんだ」と自分ではわかっていても、

なかなか進展していなかったので、一時保育に預けても後ろめたくなくなりました。

 

子どもが1歳になる前は、「子どもと離れることなんて考えられない」

と私は考えていました。

囚われてばかりでは、本当にいけないな、と思いました。