読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

母の手料理にはやっぱり愛情が入っている

私のこと

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

f:id:mizuiro7:20170116214833j:plain

最近、食べる量が落ち着いてきた!

写真は年越しに食べたすき焼きです。

私は今まで過食気味でした。

食べても太らないし、食べても空腹感・・・

それなら食べちゃえ!!と

あ、でも私甘いもの油物を食べ過ぎるとアトピーになるので

野菜入チャーハンどか食い!

野菜ましましラーメンどか食い!とかです!

(テールランプ5回点滅 マ・ダ・ク・エ・ルのサイン〜🎵)

 

でも最近は、「腹八分目で十分」と

思えるようになってきました。

これは本当に、すごいことだと感じています。

 

睡眠時間も減りました

眠る時間も娘と一緒に10時間超え

頑張って起きようとしても起きられない

目覚まし時計セットしても起きられない

好きな読書も出来ないし

自己嫌悪で鬱々としていました。

 

でもアパート暮らしで、心が安定してきたからか、

ぱっ!!と目覚めるようにまりました。

心のバランスって本当に大切ですね。

しみじみ感じます〜 

 

母への報告

実家に帰省中「義実家を出てアパートで生活する」

と話しました。

 

母には心配かけないようにしていました・・・

色々話していなかった事

思い切って話をしました。

そしたら逆に背中を押してくれました。

「良い経験したと思って、まずアパートでがんばりなさい」

と言ってもらえました。

 

 そう言ってもらえたことが

とても嬉しかったです。

認めてもらえたような、感覚ですかね。

両親の意見がないと決められない、というのとも違うんですよね。

認めてもらえたことが嬉しい、みたいな

うーん、難しい・・・。

 

義実家と同居解消するか、しないかって

「何を迷っているの?自分がしたいなら早々と別居すればいいじゃない」

と思われるかもしれませんね。

でも義実家が高齢、身体が弱いこと、町内の事、子供のこと、等・・・

そういったものが絡んでくると

なかなか自分の意見だけは通らないのが現実でした。

そして義実家との生活は見えない支配のような感覚で、

徐々に自分が何を望んでいるのかさえも

見えなくなってしまうんです。

でもこの事を経験したことが、

きっとこれからの私に必要だった事だと思います。

 

私の母は、小学2年生の時に母と死別しています。

なので、私はあまり母に心配をかけたくなかったんですよね。

母が心配しないようにしようと・・・。

でも今、親になってみてわかるんですが

親は子供のことを心配するものなんですね!!

 

 

【心配をかけてしまう自分が情けない】

【辛い事は我慢しよう、言わないようにしよう】

と思っていましたが、弱音を吐いたって良いんですね。

そしてちゃんと伝えるべきことは

【いつもありがとう!】

っていう感謝の気持ちなんだと感じました。

いつも笑って過ごせていたら

きっとそれが伝染していく。

今の私はそう感じています。

 

そして母からは、

「ストレスなくなったら、太るかもよ。気をつけなさい〜」

と忠告が・・・!!

確かに!!!Σ(´∀`;)気をつけたいと思います!!!

ご訪問頂き、ありがとうございました☆